「神に誓って、その他のすべての人間がデータをもたらすでしょう。」 統計学者であり経営科学者でもあるW. Edwards Deming氏は述べています。

ビジネス上の決定を気まぐれに決定したり、自社の気が済むようになされている要求を支持するための「証拠」としてデータを使用する時代は終わりました。

ビジネスは将来、データ主導型になるでしょう。それは、非常に素晴らしいことです。

目標を明確に示し、軌道に乗っているかどうか、別の路線に切り替えるための決定を支持する必要があるかを知ることができる分析が必要になります。また、直感が常に正しいとは限りません。直感が正しくないと理解することが、発見のための第一歩になります。

しかし、明確ではない事業目標をどうやって測定可能なデータに変えるのでしょうか?

必要なのは KPI です!

ガートナー は、重要業績評価指標を「システム出力、トラフィックまたはその他の利用法において、週、月または四半期ごとの収集や見直しのために簡素化された高レベルな測定単位」と定義しています。一般的な例としては、帯域幅の可用性や、秒あたりのトランザクション、ユーザー1人あたりのお問い合わせ数などがあります。KPI は、重要なシステム動作基準を構築するために、コスト基準(処理あたりのコスト、ユーザーあたりのコストなど)と併用されることが多くあります。

ビジネスに明確な方向性が必要なように、データにも明確な方向性が必要です。重要業績評価指標は、貴社や貴社の BI に、データ主導型の最良の決定を下すのに役立ちます。

優れた BI ツールは、貴社の KPI に基づいて完璧に設計され、視覚化されたわかりやすい Dashboard で関連するデータを提供します。

しかし、目標が多すぎる場合、KPI トラッキングをどのように築けばよいのでしょうか?KPI と測定基準の違いは何でしょうか?正確にはどこで分けるのでしょうか?詳細を見ていきましょう。

KPI の階層

KPI には4つの階層があります。各階層は、計画段階において、BI 実装ワークフローの最初から考える必要があります。

KPI Dashboard

1.事業目標 – グループまたは組織全体に起因する長期的な最終結果を説明する一般的な戦略的声明。

例:HR 部門の事業目標は、従業員の定着です。

2.事業目的 – 長期的な目標を細分化し、より明確で、測定できる具体的で短期的な活動目標。

例:従業員の定着年数を平均 X 年から平均 Y 年に上げることです。

3.KPI – 数字や日付など特定の目標に関して、予想された最終結果を定義する測定可能な指標。

例:キャリア開発プログラムで入社した従業員数。

4.測定基準 – 主要な目標を達成するために、より小さい手順や結果を示すことで KPI をサポート。

例:HR から従業員に送られたキャリア開発の昇進人数。

次に、マーケティング部門での例をご紹介します。ここでは、デジタルマーケティングのためのKPI Dashboard テンプレートを紹介しています。(各部門ごとの Dashboard のテンプレートはこちら)。

目標: マーケティング部門の効率性を向上

目的:

要因:

KPI

  • リード量

測定基準

  • リード数
  • 勘定項目ごとのプロモーション
  • コストパーリード

運用データ:

  • 販売促進された勘定項目数
  • プロモーションに投資した金額

そもそも、一体何が KPI になるのか混乱していますか?

「モーニングクエスチョン」で自問自答してみましょう。

そう、あなたの CEO や上司が適切なタイミングでする質問です。

通常は、「○○をどうしていますか?」というような質問です。

財務部門では ARR かもしれませんし、マーケティングの場合は、コンバージョン率かもしれません。

最も価値のある測定基準が何であろうと、組織の全員が知りたいと思っているのがあなたの KPI です。

(このトピックについてもう少し知りたいですか?KPI を定義する方法の記事では、KPI を定義する4つの手順をご紹介しています。)

KPI で BI をビルドする方法

まず、貴社の目標と目的をまとめましょう。次に、あなたやあなたのチームがすべてのデータから最も関連する洞察を得るために、何を正確に測定するかを決定するために必要なすべての要件を収集します。

個々のデータソースに制限される必要はありません。優れた BI ソリューションは、すべてのデータにアクセスでき、場所を問わず、データコネクターも内蔵しています。

次の手順は、あなたやあなたのチームが選択した最も意味のある KPI に基づいて、レベルの高い BI ソリューションを設計することです。

BI システムは、事業目標全体を、関連している運用データや、主要な測定基準がどこから来ているかを理解するのに役立つ詳細な行データをリンクさせるため、貴社のKPI が事業目標にどのように関連するかを正確に理解できます。

KPI を簡単に視覚化する方法

KPI を確定したら、KPI を Dashboard に表示されるように Widget に変換します。

各 KPI を関連するデータソースに関連付けることから始めましょう。これは、ソース自体であることもあれば、関連するテーブルやフィールドまで行くこともあります。

次に、各 KPI をその測定基準を計算するのに使用された公式に分解します。この公式は、例えば、CRM や財務データベースなどからデータを抽出するための関連するテーブルに関連付けられます。同じプロセスが支持測定基準にも行われます。

そのため、例えば、主要 KPI がコンバージョン率である場合、支持測定基準、つまり、リード数を貴社の CRM 内の関連するテーブルに関連付けます。

公式によって、総リード数から最初の注文を行ったすべてのリードが計算され、マーケティング Dashboard 上にユーザーが使用しやすい Widget に割合が表示されます。

Dashboard の作成

KPI を計算する方法を BI に正確に伝えた後は、データをどのように視覚化するかを決定するだけです。

モックアップを書き留めることから始めましょう。モックアップは、最上位にある最も重要な KPI で、まとめた KPI の階層を反映します。最上位の KPI は、Dashboard での数やゲージ表示によって表示できる指標です。

最小および最大範囲を定義することで、例えば、コンバージョン率が3分の1以下になった場合には赤色、マーケティング活動が功を奏している場合は緑色を示すように、ゲージに色を追加することができます。14の最も便利なデータ視覚化方法では、様々なゲージをいつ使用すべきかがわかります。

KPI Dashboard の構築

ユーザーが必要とする特定の部門やフィルターに応じて、すべてのデータを正しくモデリングできるようにするため、Dashboard や Elasticubes を作成するよりはるか前にモックアップが発生します。

次に、支持測定基準は、例えば、通貨で表示されるコストパーリードなど、個々の画面に分割されます。

どれだけ詳細に入手できるか?

支持測定基準が Dashboard に表示されたら、貴社の利害関係者が抱く可能性のあるその他のデータに関する質問の処理を開始できるようになります。例えば、経時的なコンバージョン率は、年、四半期および月単位で分割された折れ線グラフによって表示される場合もあります。

ソース名が付いたコンバージョン率を示す棒グラフ内のコンバージョン率に関係しているリードソースも表示することができます。

簡潔に言うと、Dashboard に主要 KPI 全体と支持測定基準全体を表示することができるのです。関連する指標すべてや KPI とその支持測定基準に関連する運用データ要因を追加することもできます。

1つ忠告ですが、Dashboard の主な目的を決定すると、それに固執し、隣接するデータで弱めることを避けたくなる場合があるでしょう。7~9つの関連する Widget を使用し続けることをお勧めします。

それでは質問です。あなたのビジネスは正しい方向に向かっていますか?

KPI の測定は、確実にそれを知る唯一の方法です。

優れた BI が KPI をどのように活用するかをより詳しく知りたい場合、KPI の Widget への変換に関する弊社ウェビナーをご覧になるか、Sisense の過去記事であるKPI を定義する方法をご覧ください。KPI を簡単に監視し、ビジネスにおけるアナリティクスに関する質問に回答できるビジネスインテリジェンスプラットフォームを体験する準備をしましょう。Sisense のエンタープライズBIソリューションをご確認ください。