リレーショナルデータベース

リレーショナルデータベース管理システムとは?

リレーショナルデータベース管理システム(RDBMS または RDB)は、データをテーブルに格納する一般的なタイプのデータベースです。

最近のビジネスで使用されるほとんどのデータベースは、フラットファイルまたは階層型データベースではなく、リレーショナルデータベースです。

リレーショナルデータベースには大量のデータと複雑なクエリを処理する能力があります。一方でフラットファイルはより多くの容量とメモリを消費し、非効率です。

そのため、最新のデータベースは標準的に複数のテーブルを使用しています。データは非常にたくさんのテーブル、または「関係」に保存されます。これらのテーブルは、行(レコード)と列(フィールド)に分けられます。

実際のデータの視覚化をご覧ください。

Procurement Optimization - Supply Chain Dashboard

ER 図のデータ間の関係と同様に、リレーショナルデータベースのテーブルはいくつかの方法でリンクされています。

  • 1 つのテーブルレコードの内容は、別のテーブルのレコードにリンクされます。
  • テーブルレコードは、別のテーブルの多くのレコードにリンクできます。
  • 多くのテーブルレコードは、別のテーブルの多くのレコードに関連している場合があります。


SQL クエリとは?

SQL クエリは、データにアクセスする手段です。SQL は構造化照会言語の略です。

SQL クエリを使用すると、テーブルを作成、削除、修正したり、既存のテーブルからデータを選択、挿入、削除したりできます。

リレーショナルデータベースの利点

大量の情報を管理しやすく、スケーラブルで柔軟なデータストレージシステムを設計したい場合は、リレーショナルデータベースが最適です。

  • 管理性: 初期の RDB の操作は簡単です。データの各テーブルは、他のテーブルを中断することなく更新が可能です。
    特定のデータセットをグループと共有できますが、従業員に関する機密情報などに関しては、他のグループへのアクセスを制限することもできます。
  • 柔軟性: データを更新する必要がある場合は、一回の更新だけでよく、複数のファイルを一つずつ変更する必要はありません。
    また、データベースの拡張も非常にシンプルです。レコードが増加している場合、リレーショナルデータベースはデータに合わせて簡単に拡張できます。
  • エラーの回避: リレーショナルデータベースは、レコードの他の部分のデータに対するミスを簡単にチェックできるため、ミスの起きる余地はありません。また、各情報は一か所に保存されるため、古いバージョンのデータによって全体がぼやけることはありません。

リレーショナルデータベースの課題

  • スケーラビリティ: リレーショナルデータベースは単一のサーバー上に構築されます。そのため、拡張するには、より多くの電力、ストレージ、メモリを備えたより高価なハードウェアを購入する必要があります。
  • パフォーマンス: データの量、速度、多様性、および複雑さの急速な増加により、さらに複雑な関係が作成されます。リレーショナルデータベースは、維持するのが難しく、パフォーマンスを低下させる可能性があります。
  • 関係: リレーショナルデータベースは、実際には要素間の関係を保存しないため、データ間の接続を理解するには他の結合を頼りにしなければなりません。