全ての人にインサイト(知見)を提供

1 つのプラットフォームに3 つのパッケージ

複雑なデータから抽出したインサイト(知見)を全員で共有

Sinsenseは、組織における全てのユーザーが優れた成果を獲得するために、ビルダーが複雑なデータから知見を引き出せるように支援しています。SinsenseはAIを活用した先駆的なエンドツーエンドのクラウドネイティブ分析プラットフォームを活用することで、デジタルトランスフォーメーションの第 3 の波の推進を託されたクラウドデータチームBI/アナリティクス(分析)チーム、そして製品チームが抱える課題を解決すべく、それぞれのチーム向けにカスタマイズされた 3 つのパッケージにより、比類なきアジリティを提供します。

コードを活用したツールにより、クラウドデータソースを分析し、高度なデータインサイトを提供します。

AIを活用したセルフサービスBIを提供し、全てのデータを活用して実用的なアナリティクス(分析)アプリを構築します。

APIの包括的ななスイートを使用して、製品やサービスにホワイトラベルのアナリティクス(分析)をシームレスに組込みます。

「誰かが質問の回答を望んでいたら、私たちは『Sisenseして下さい』と言うようになりました。」

Brent Allen 氏、インフラ/WebOps担当ディレクタ

Sinsenseの特長

世界中の 2,000 を超える著名な企業が、ビジネスにプラスの影響をもたらすために、Sisenseのプラットフォームを選択したのには理由があります。ここではいくつかの例を紹介します。

  • AIをフル活用:Sisenseのプラットフォームでは、全面的に画期的なAIおよびMLソリューションが活用されており、エンドユーザーにきめ細かいアナリティクス(分析)環境と多彩なデータ活用法を提供することで、迅速なインサイト、アクション、そしてインパクトをもたらします。
  • APIファースト: SinsenseのAPI、SDK、開発者ツールキットの広範なスイートにより、シームレスなデータドリブンのユーザーエクスペリエンスを可能にします。
  • クラウドネイティブ:Sisenseは完全にコンテナ化されたマイクロサービスアーキテクチャ上にゼロから構築され、柔軟なデプロイオプションを幅広く提供しています。
  • エンタープライズグレード:Sisenseのエンタープライズグレードのアーキテクチャは、自動実装およびパフォーマンスモニタリング機能を備え、マルチレベルのセキュリティとガバナンスにフォーカスして設計されており、パフォーマンスに全く影響を与えず、拡張性にも優れています。
  • 柔軟なデータエンジン:データパイプラインの管理、データ変換、複雑で高度なアナリティクス(分析)、あるいは使い易いビジュアルUIを用いたライブまたはキャッシュデータの活用など、シンプルなものから複雑なものまで、あらゆるデータに対応しています。

Sisenseはビジネスの向上を目指すことに他なりません

Sisenseがマーケットで初めてシングルスタックソリューションを提供したデータアナリティクス(分析)プラットフォームであることに疑う余地はありません。そして、Sisenseのインチップアナリティクス(分析)は世界最速のアナリティクス(分析)処理能力を実現しているのも事実です。とはいえ、Sisenseの目標は差別化ではなく、さらなる向上を目指すことでした。お客様、ユーザー、そしてビジネスのためにさらなる高みを目指しています。

お客様の声

 

(評価レート:4.5、調査‎対象529名、2020年2月13日現在、アナリティクス(分析)/BI プラットフォーム市場関係者)

TOP