Cloud-Native Sisense

最善の技術でゼロから作られた

Sisense の画期的な Cloud-Native データおよびアナリティクスプラットフォームを活用し、デジタル時代の次の波に乗りましょう。コンテナマイクロサービスアーキテクチャ専用の、Cloud-Native Sisense は、最も現代的な技術を使用して、迅速な配送、信頼性および拡張性を可能とします。Cloud-Native Sisense を利用することで、どのクラウドでも、オンプレミスでも、全体的な TCO を最小限に抑え、将来に備えた企業向けの分析アプリをビルドできます。

Cloud-Native Sisense は現在入手可能です

ご希望される場合は、弊社までご連絡ください !

マルチサーバー
展開のある
顧客

CSM までご連絡ください

自身のデータで
ライブ POC を
体験する準備はできていますか ?

1:1 デモを要求する

Sisense on Linux のアップデートが
提供された時に
受け取る

アップデータを申し込む

Cloud-Native Sisense on Linux

Cloud-Native Sisense によって、Linux OS で動作している現代のコンテナマイクロサービスアーキテクチャのすべての恩恵を利用して、すぐに企業やクラウド展開に選択されるようにします。信頼性を犠牲にすることなく、迅速で、拡張可能な配信を通じて、ビジネスの革新や成長を後押しします。Cloud-Native Sisenseによって、企業級のアプリケーションの拡張性、セキュリティおよびカスタム要件と、使いやすい、セルフサービスの BI の劉邦を提供するアナリティクスアプリケーションをビルドできるようになります。

Cloud-Native Sisense によって、拡張するよう設計されるハイパフォーマンスで、将来に備えたアナリティクスアプリケーションをビルドおよび管理できます。

アナリティクスを迅速に展開

セルフサービスの BI から大規模なデータ駆動型のアプリケーションへ

DevOps のアジリティ

Sisense の現代的な Cloud-Native Architecture によって、Infrastructure-as-Code や DevOps プロセスへのアナリティクス展開のシームレスな統合を可能とし、ノードの提供、アップグレード、拡張をより簡単かつ迅速に行えるようにします。

TCO の削減

Cloud-Native Sisense は、Linux のコスト優位性、資源の効率的な使用、Helm と堅牢な一連の API による自動化展開および保守を利用して、展開の全体的な TCO を減らします。

柔軟な展開

Cloud-Native Sisense は、展開する場所には依存しません。どのクラウドでも、オンプレミスでも、あるいは、単一または複数のノードクラスターの両方にある Sisense の マネージドクラウドで展開します。Cloud-Native Architecture により、 AWS、Azure、Google Cloud などのクラウドサービスと簡単に統合できるようになります。

Cloud-Native Sisense は、最善の技術でゼロから作られた専用のアナリティクスプラットフォームです。


Linux


Docker


Kubernetes


Prometheus Monitoring


Grafana Monitor UI


HELM


GlusterFS/
EFS Shared Storage

Sisense マルチサーバー展開

3 サーバー展開

追加のサーバー (4 以上のサーバー展開)

Cloud-Native Sisense 用のリソース: